ニキビ跡を予防するための背中ニキビの治し方

背中ニキビの原因は、いろいろありますが、基本はもちろん食生活ですが、他にも原因としては、洗い残しがあったり石鹸成分が残っていたりする事も原因の一つです。
衣服にこすれたり、つぶしてしまってニキビ跡ができないようにしっかりとケアしたい箇所でもあります。

 

背中はニキビができやすい?

顔に続き背中も、もともとニキビが出来やすい場所です。
顔にもニキビの出来るタイプの人は背中ニキビも出来やすい傾向にあります。

 

衣類の刺激による原因

今の衣服は昔と違いポリエステルやナイロンなどの化学合成繊維が多く、背中の汗を吸い取りにくい上に皮膚を傷つけやすく、毛穴にばい菌や細菌を入れてしまい、毛穴奥が炎症を起こしてしまいます。

 

もともと肩甲骨周りがニキビの出来るラインなのですが、肩甲骨周りが一番衣類のスレる場所だからよけいにニキビの発症する原因を助長してるのです。

 

清潔に保ちづらい背中はニキビができやすい

また肩甲骨と肩甲骨の真ん中あたりは手が届かないので、洗えないままになってるので、よけいに毛穴にばい菌や細菌が入る原因になるのです。

 

背中ニキビの原因は衣類のスレと皮脂を洗い流せていない事が大きな原因です。

 

背中ニキビを治す方法は?

衣類を綿素材に替えて、背中の肩甲骨と肩甲骨の間の窪地まで洗える、紐付きのスポンジなどを使い背中の皮脂を洗い流しましょう。
それから化粧水などのケアをしましょう。

 

背中は皮脂が多く汗も多くかく場所なので、清潔を心がけましょう。

 

 

関連ページ

ニキビ跡の赤みを消す方法
ニキビ跡の赤みを消す方法を解説します。
ニキビ跡を消す方法とは?
ニキビ跡を消す方法はどんな方法があるかを解説します。
ストレスでニキビができる?
ストレスでニキビができる?という疑問に対しての回答と改善策を解説します。