ニキビ跡の赤みを消す方法

ニキビが治ったのに肌が赤くなってしまうことがあります。
ニキビのように膨らんだり、痛みもないのに赤くなっている状態を「赤みのあるニキビ跡」と言います。

 

この状態を詳しく解説すると、ニキビか炎症を起こすことによって周りの血液が滞り、溜まってしまうことで起こります。

 

ニキビ跡の赤みの解消法

基本的にはターンオーバーが自然に出来ていると、このようなニキビ跡は自然に消えます。
しかし、ターンオーバーが上手く行っていないとニキビ跡を消すことは難しいです。

 

赤みのあるニキビ跡を消す一番の方法を解説すると、ターンオーバーの乱れを改善させることが一番の方法です。

 

まずターンオーバーを正常に行うには、成長ホルモンが不可欠です。
成長ホルモンは、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時に多く分泌されます。

 

この時間に睡眠がとれていない場合は、成長ホルモンが欠けていると言えます。
そのため、ターンオーバーが乱れてしまうのです。

 

生活習慣を見直すことも大切

ターンオーバーを正常にするには、出来るだけゴールデンタイムに寝るようにしましょう。
また、食生活の改善や運動不足の解消も大切です。

 

ニキビ跡の赤み解消ならリプロスキンがおすすめ

生活習慣を整えた上で重要なのが毎日のスキンケアです。
清潔に保ち、しっかり保湿を心がけるようにして下さい。

 

その中でニキビ跡の炎症に働きかける化粧水を選ぶことで、赤みのあるニキビ跡のケアを効率よく改善させるのに役立ちます。

 

 


関連ページ

ニキビ跡を消す方法とは?
ニキビ跡を消す方法はどんな方法があるかを解説します。
ストレスでニキビができる?
ストレスでニキビができる?という疑問に対しての回答と改善策を解説します。
背中ニキビのケア方法
背中ニキビができてしまう原因とニキビ跡にならないための治し方について解説しています。普段あまり見る機会がない背中ですが、よく見るとニキビ跡がいっぱい!ということにならないように、普段からケアを心がけてニキビ跡予防をしましょう。